ホント考えること多数!「年末年始に向けて」久々のコラム更新/無双ユーザーのキャッチアップほか

2021.10.08 8:10

コラム

久々のコラムです。

10月らしからぬ暑さの日もあれば、肌寒い日も増えてきました。

まさに暦を感じる季節ですが、そうなるとやはり触れなければならないのが、年末の機械問題。

 

「4円パチンコ百花繚乱の時代」

「ワクチン普及シナリオに突入」

「そして1月31日問題」

 

言わずもがなですが、シンプルに、ノーアイデアで「年末商戦を頑張ろう」では不十分な年末商戦がやってきます。

 

 

 

百花繚乱の時代

有料会員サービスでは何度となく触れていますが、源さん超韋駄天を皮切りに、4円パチンコ百花繚乱時代に突入しています。

春のデータで恐縮ですが、野球やサッカーに例えると「レギュラーメンバーは殆ど入れ替わっている」のが現在。

 

下記は2021年3月データと1年前の上位25機種のラインナップ。

殆どのラインナップが1年で入れ替わっています。

(後述しますが、その最後の大物レギュラーが北斗無双です)

 

しっかりした台数の北斗シリーズ導入がアンサー!かもしれません。

幅広い多様性をもたせるのがアンサー!かもしれません。

 

いずれにしても熟考したいタイミングですね。

 

 

データについて

期日 2021年3月8日〜週間データ

 

 

 

4円パチンコ部門

1年前の3月第2週推定アウト:14,536
今年の3月第2週の推定アウト:13,702
対比:94.2%

 

20円スロット

1年前の3月第2週推定アウト:8355枚
今年の3月第2週推定アウト:7019枚
対比:84.0%

「PとSでは約10%の回復率の乖離」があるのは3月も同様ですね。

 

 

 

 

プラス、ワクチン普及シナリオへ

そしてワクチン普及シナリオです。

PMJではかなり早くからワクチン普及シナリオを提言できていました。

ですので準備は万端かと存じます。

単純な営業テコ入れや機械導入、広告宣伝は、ほぼすべてのホールが実施してくるでしょう。

 

★スタッフのチームビルディング

★コロナ対応脳から集客脳への切り替え

 

このあたりも準備万端といきたいところです。

コロナが100年に1度のトラブルならば、その回復は100年に1度のチャンスともいえるでしょう。

 

 

 

 

 

最後に言わずもがな「1月31日問題」です。

お伝えしたいことはシンプルで「しっかり考えていこう」「例年通りの年末商戦ではないぞ」という所です。

 

 

 

参考までに準備とは

ちなみに準備ができているか?どうかを考える際に気づきがあるのは、楽園立川がグランドオープン1ヶ月で行ったことダイジェストです。

オープン1ヶ月でデビルマン2ボックスという「グランドオープン後に話題機種の大量導入」というセオリーを打ちだしましたが、その「大型新台の前の段階」でこれだけの準備と仕込みを行いました。

 

〜楽園立川がグランドオープン1ヶ月で行ったこと〜

※最初の大型新台入替「前」の段階です

 

★牙狼増台

★とある増台

★ガンダムユニコーン最大化「逆襲のシャア」導入

★沖縄海の3ボックスは2ボックスに

★その代わりにライト海をボックスで用意

★ウルトラマンタロウの列運用は見切り半列へ

★新鬼武者の列運用は見切り「ベルセルク列運用」

★天龍半列は見切り1台残して撤去

★北斗の拳8列運用は見切り半列へ

★冬ソナ増台

★ガメラは増台「さらにレイアウトも変更して前面に」

★鉄拳4デビルはフロア変更「3階から4階へ」

★鬼浜もフロア変更「4階から3階へ」

★頭文字Dとモンキーターンは場所をそれぞれ配置変更

★おっとハーデスは見切りすべて5スロへ移動

 

 

もちろん書類も在庫も「準備」ができているからですね。

もちろんここまで用意するのは非常に難しいですが、気づきのある取り組みでした。

 

 

 

宙ぶらりんの北斗無双ユーザーを考える

という事で年末商戦。

このコラム内でエヴァがどうなのか?ユニコーンの増台は?牙狼は?あれはこれは?と論じても良いのですが、これはパチンコ業界人の多くが陥る「機械予想大好き症候群」になりがち。ですのでここでは退けます。

 

では何にフォーカスするべきか?

考えるべきは長らく覇権をとった北斗無双ユーザー。

ここを上手にキャッチアップできるか?

その為の受け皿は何種類用意できるのか?

この辺りが肝になってくると考えています。

 

年末商戦「だけ」ではなく、北斗無双「撤去後」までをフローで考える。

ゴールイメージは「商圏の北斗無双ユーザーを自店舗に集める」という事になるでしょうか。

 

 

北斗ユーザーをセグメントする

 

一口に北斗無双ユーザーといっても様々。

 

→北斗無双ユーザーのみを打つユーザー

→北斗無双とトレンドスペックを打つユーザー

→北斗無双とパチスロを打つユーザー

 

まずはこちらを整理整頓し、北斗無双ユーザーのセグメント分けを実施する必要があるでしょう。

 

セグメントAのボリュームは?

セグメントBのボリュームは?

 

自店舗ならびにマーケットの現状と予想はたてる必要があるでしょう。

 

 

ペルソナ設定について

そしてセグメントにプラスして考えたいのがペルソナ。

年末商戦はニアリーイコールで「ワクチン普及シナリオ突入後」という定義になってきます。

となると、ペルソナは「ワクチン契機で久々にパチンコホールに来店したユーザー」となるでしょう。

 

つまり「1年〜2年ぶりに来店するユーザー」=ある意味浦島太郎状態のペルソナ

となると、最近の超韋駄天やガンダムユニコーンなどではなく、北斗無双や黒慶次などが比較対象になってきます。

 

コピーライティングやプロモーションの際は、ぜひ意識したい部分です。

 

 

北斗無双ユーザーをキャッチアップすべし

つまりお伝えしたいことは

「年末商戦の新台を最大化しよう」

「年末年始でアウトも利益もアップさせて好成績を残そう」

「マーケットのシェアをアップさせよう」

 

という事ではなく、1月31日北斗無双撤去を見据えたフローを描くべきである、という事になります。

北斗無双ユーザーはある意味上客。

 

そのまま北斗シリーズで受け皿とする

新しいトレンドスペックで受け皿とする

 

引き出しや受け皿は多ければ多いほうが選択肢が広がります。

十分な準備をもって良しとすべきでしょう。

 

 

 

最後に

最後に繰り返しになりますが、非常に大事な年末年始が始まります。

年末商戦でしっかり盛り上げるのではなく、大ボス「北斗無双」のユーザーをキャッチアップしていくという目線。

宙ぶらりんの北斗無双ユーザーを自店舗で捕まえるという目線。

北斗無双ロスを逆手に取って成績を上げるという目線。

すべてを持って望んで頂きたい、そう考えています。

 

 

LINE@

TWITTER

Facebook

RANKING

PICK UP

SOCIAL