青の祓魔師(エクソシスト)がパチスロで登場/累計発行部数は1700万部

2020.11.10 10:47

遊技台・検定情報

続いて新機種パチスロ検定通過ニュースです。

オリンピアさんから「パチスロ青の祓魔師」が通過確認となりました。

アニメ化もされている現在連載中の版権ですね。

以下からご確認くださいませ。

 

 

パチスロ青の祓魔師検定通過

 

型式名:Sパチスロ青の祓魔師L19S17171
メーカー:オリンピア

 

 

新機種パチスロ「青の祓魔師」検定通過です。

読み方は「青の祓魔師」と書いて「青のエクソシスト」になりますね。

通称青エク。累計発行部数は1700万部を突破とのことです。

 

版権についてウィキより

『青の祓魔師』(あおのエクソシスト)は、加藤和恵による日本の漫画作品。『ジャンプスクエア』(集英社)にて、2009年5月号から連載中。略称は「青エク」。

悪魔の血を引く少年・奥村燐を主人公とするダーク・ファンタジー。『ジャンプスクエア』2008年9月号に掲載された読み切り「深山鶯邸事件」(みやまうぐいすていじけん)を原案とする。

2019年7月現在、累計発行部数は1700万部を突破している[1]。2011年からのテレビアニメ放送に伴い、原作単行本の初版発行部数が1年足らずで7倍以上になるという、爆発的な売上を見せた[2]。

 

 

 

 

版権的には面白い方向性ですね。

あとは何と言ってもスペック。

6号機である意味逆風化のなかのリリースですので、メイン準メインとまでは行かずとも、しっかり手堅い稼働に期待ですね。

バラエティでも息の長い機種に期待です。

 

また、ホール側としても「どうせバラエティでしょ」「どうせ6号機でしょ」で終わらずに、しっかり訴求を行いたいところ。

機種説明POPがあるのでそれでOK的な考え方は、令和3年の良いイメージが想像できません。

実機が楽しみですね。

 

続報あり次第、また掲載させていただきます。

 

 

LINE@

TWITTER

Facebook

RANKING

PICK UP

SOCIAL