定点観測「上位50機種で支持率100超えの機種数」に大きな変化有り/シンフォ2と超韋駄天ほか

2020.06.26 9:04

有料レポ

PMJ有料会員サービスを配信しました。

今回のコンテンツは定点観測データ。

営業再開でようやく「データとして耐えうる」状態になりました「関東のビッグデータ」でございます。

これまではひと足早く営業再開している東北と九州のデータを配信しておりましたが

今回よりいつものエリア「関東エリア」のビッグデータに戻ります。
 

 

概要について

対象:関東ビッグデータ
期間:6月8日〜週間データ(営業再開から2週間目のデータ)
比較:6月1日〜週間データ(営業再開の初週データ)

※便宜上6月1日〜週を「営業再開」のタイミングとさせて頂きました。
 

 

パチンコ部門について

という事でまずは4円パチンコ部門。
大きなデータは下記となりました。

先週推定アウト:9,300発
今推定週アウト:10,125発
アウト対比:108.9%
台数対比:99.8%
客数対比:108.6%

 

アウトは当然回復傾向

当然ですが週を追うごとにアウトは回復傾向です。
関東ビッグデータ、該当週のアウト増加ペースは「8.9%」になりました。

エリア差異はありますが、コロナの影響が「アウト40%ダウン」と仮定すると
スーパー単純計算で恐縮ですが下記のような回復ペーしになります。

1週間の回復率103%:17〜18週で回復
1週間の回復率105%:10〜11週で回復
1週間の回復率107%:7〜8週で回復

エリア差異/種別による差異「20スロなのか1パチなのか」もありますし、回復トレンドがどこまで継続するか?も疑問ですが
スーパー単純計算の参考までにご把握くださいませ。
 

参考@ダイナムさん

※ちなみにダイナム社は「7 月以降営業収入は緩やかに回復すると見込まれ、10 月には通常の水準に回復すると想定」というIRもだしておりますね。

 

ダイナムさんコロナ影響をIR/「第二四半期には黒字 下半期には通常水準」「機械代20%ダウン人件費10%ダウン」ほか

 

 

2月との比較

ちなみに下記は2月第1週第2週との比較です。

3月第1週推定アウト:15,703発(64.4%)
2月第1週推定アウト:17,851発(56.7%)

35〜45%程度のコロナダウンをいかに埋めていくか?
こちらもマーケット差異あり。
皆様のエリアにおけるダウン幅の把握をお願いします。

 

大きな動きあり@営業の方向性

続いて4円パチンコ部門の大きな傾向についてです。
注目は「稼働支持率100超の稼働牽引機種」の機種数について。
以下ご確認くださいませ。

今回、注目したい動向は「上位50機種で支持率100超えの機種数」についてです。
非常に大きな動きが確認できました。

 

 

 

上記はごくごく一部のコンテンツ抜粋です。

無料資料の請求は下記からどうぞ。

 

 

資料の請求について

PMH有料会員サービスは月々僅か24000円で

日本全国のパチンコホール事例が手に入るプロフェッショナルサービスです。

リンク→http://p-media.info/service/

 

 

非常に多くの法人様、メーカー様、金融機関様にご利用いただいています。

資料の請求は下記のフォーム、もしくは

http://p-media.info/service/

よりお願い致します。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@

TWITTER

Facebook

RANKING

PICK UP

SOCIAL