営業再開マーケットの4円P定点観測データ「東北と九州エリア」どの機種がどうなっているのか?

2020.05.21 8:28

有料レポ

PMJ有料会員サービスを配信しました。

今回のコンテンツは定点観測データ@稼働支持率とアウト他についてです。

「今回のデータに関しては熟読をお願いします!」

 

対象は営業再開をひと足早く行った「青森+秋田」と「鹿児島佐賀長崎」の2エリアでございます。

まだ週間データですので、できれば月間で収束するタイミングを待ちたいところですが

営業再開を行った速報値として要把握のデータであると考えます。

まずは4円パチンコ部門から。20円スロット部門はこのあと配信予定です。

 

 

期間について

比較はコロナの段階を3段階に便宜的に分けております

→A:2月度(軽微)
→B:3月度(コロナ影響あり)
→C:4月度(影響大で休業もありデータにならず)

 

上記を踏まえまして、一足早く営業再開データが揃った2エリアの週間5月10日〜17日を比較。

 

★期間Cはデータとして不十分

★期間Aまで戻るのはまだ時期尚早

 

という事で期間Bとの比較を行っております。

 

コロナの影響が軽微である期間Aまではまだまだ戻らないが、まずは期間Bまで如何に最速手で戻すのか?が最も大事な考え方の一つであると考えます。

 

 

コロナ影響下における機種の再セグメント

続いて機種ごとの傾向についてです。
全体でダウンしている状況では(過去バジ絆撤去の際に用いた)SABC機種の再セグメントが必要であると考えます。

当然ですが全体でダウンしているので、指標をアウトで見ると「全機種でダウン」となります。
しかし「稼働支持率」で見るとアップしている機種が存在します。

S機種=アウトもアップ/稼働支持率もアップ
A機種=アウトはダウン/稼働支持率はアップ
B機種=アウトダウン/稼働支持率も平均レベルでダウン
C機種=アウトダウン/稼働支持率が平均レベル以上にダウン

これらをセグメントし直し、全体がマイナスである状況下では
A機種の最大化とC機種からの撤退」を(原則として)戦略として進める必要があると考えます。

 

 

上記はごくごく一部のコンテンツ抜粋です。

無料資料の請求は下記からどうぞ。

 

 

資料の請求について

PMH有料会員サービスは月々僅か24000円で

日本全国のパチンコホール事例が手に入るプロフェッショナルサービスです。

リンク→http://p-media.info/service/

 

 

非常に多くの法人様、メーカー様、金融機関様にご利用いただいています。

資料の請求は下記のフォーム、もしくは

http://p-media.info/service/

よりお願い致します。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@

TWITTER

Facebook

RANKING

PICK UP

SOCIAL