ワーナーマイカルに学ぶ パチンコ業BtoBモデルの模索


 

映画産業もパチンコ経営同様、なかなかに厳しい状況にあるようですね。

 

と、イキナリまずは大上段からコメントしましたが、例に漏れず根っこにあるのは価値観の多様化と選択肢の増加だとは思います。そして思うのですが、そのように論じてみたところで、古き良き昔のように『レジャーは映画』『休みはパチンコ』『野球は巨人』という価値観に戻るわけでもなく、映画業界人もパチンコ業界人もひたすらに生き残りをかけたサバイバルを行うのみという状況であります。

 

『なんとか生き残りのアイデアないでしょうか?』

 

続きはこちらからどうぞ

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。