【ニラク社決算発表】売上ダウン&利益アップはマルハン/ダイナムと同じ方向性に

2014年6月27日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 【ニラク社決算発表】売上ダウン&利益アップはマルハン/ダイナムと同じ方向性に
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

続いてはニラクさんの決算が出てきましたのでピックアップ。

平成26年3月期の決算公告です。

以下からご確認くださいませ。

 

※リンクはコチラからもご確認くださいませ。

 

ニラク社決算報告

 

 

 

早速ですが数値から。

平成26年3月期の決算公告は以下の数値となりました。

売上高:2353億8776万円
営業利益:68億2709万円
経常利益:66億6927万円
当期純利益:33億8180万円

(千円以下の数値は切り捨てております。)

 

続いて比較、前年度の数値は以下となっております。

 

売上高:2407億5427万円
営業利益:64億8448万円
経常利益:64億538万円
当期純利益:38億7797万円

 

ですので売上は微ダウン、営業利益と経常利益はアップ、純利益はダウンという結果になりました。

純利益は諸々別のものがかかってきますので、利益としてはアップという認識でOKだと思います。

 

この「売り上げダウン&利益アップ」という流れはマルハンさんダイナムさんを例に出すまでもなく、今のパチンコホールの大きな流れ

とはいえこの「利益が出ている」というのは機械を控える/経費を控えるという要因が強いです。

 

この方向がしばらく続くのか?

それとも逆張りを行うホールさんが出てくるのか?

そもそもいわゆる「売上」は「売上という認識」で良いのか?

などなど今後の動きに注目です。

 

とりあえず現在のパチンコホール営業における指針は「売上」から別の指標にシフトしているのは間違いなさそうです。

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: ,