ニューギン花の慶次SP〜琉についてIR ミドルの理由も説明

2013年10月18日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - ニューギン花の慶次SP〜琉についてIR ミドルの理由も説明
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

続いてニューギンさんから「最新ミドル慶次」の発売について正式発表がありました。

機種名は「戦国パチンコ花の慶次SP〜琉」でリリースされております。公式IRで「マックス機のシュリンク」にも触れており、この辺も中々の見どころです。以下からご確認くださいませ。

 

花の慶次SP〜琉リリース

 

今なぜミドルなのか?

▼メーカー公式発表のリンクはコチラから

やはりメーカーも「慶次=マックススペック」という点は承知しており、そのイメージを覆し今なぜミドルなのか?について説明をしております。これによると

→マックス機遊技需要の減少
→マックスプレイヤーのの1円パチンコ移行

この2点を主な要因としておりますね。

主流だったミドル機種へのアンチテーゼで出てきたマックススペックですが、現在は「最初はマックスでリリース」という状況になっていますので、揺り戻し効果としても当然の成り行きかもしれません。

あとはユーザーは初当たりでマックスを打っているわけではなく、2000発出玉だったり継続の高さだったりの「壁を超えた先のご褒美」で打っている訳です。となると現状のミドルでも「十分なご褒美」が搭載されているので、この部分も要因になるのかもしれません。

 

本質は「稼働するかどうか」ですので、作り手側は「黙って結果を出すのみ」。

ミドル慶次の動きに注目です。

 

10月18日 関東静岡エリアの営業ネタについて配信しました。
10月17日 今週の定点データについて配信しました。
10月15日 平均400名稼働の好調ホールについて配信しました。

 

P-media Japan ※PMJの記事は基本リンクフリーです

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: ,