定番客数比率25%以上という特徴あるデータが出た営業事例について

2013年9月13日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 定番客数比率25%以上という特徴あるデータが出た営業事例について
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

有料情報サービス会員様に東日本エリアにおけるグランドオープン市場レポートをお届けしました。マーケットデータや営業事例、成功店舗の共通事項や特筆すべきマーケティングの実践など、エッセンス的にお伝えできたのでご案内させて頂きます。

 

今回の特徴

某地区で一気に2店舗グランドオープンを行った大手ホールさんは、派手に見えていますが、数字を見てみたら定番客数比率がナントの25%オーバーと、かなり特徴のある数字が出ていました。 通常この数字は20%程度におさまるので、やはり目指す部分というのは手堅いな、基本はキッチリ抑えてくるな、という印象です。 これに対抗して新台を多台数導入するミート策(も勿論必要なんですが)は真逆のミートというか、ポイントを外している対抗策なんだな、という事がよくわかった視察となりました。

 

 

サンプル画像

 

コメント

今回のグランドオープンマーケットレポートですが、特徴としては、

:とある種別のとあるメイン機種が設置0%という「役割分担をハッキリさせている営業事例」
:実際の稼働データが特筆すべきものになった点
:エリア特性を活かした機種構成が確認。稼働も良好。

などをお届けさせて頂きました。もちろん上記サンプル画像の通りまだまだコンテンツはございます。

今回は2013年、8月にグランドオープンを行った店舗の営業事例を10店舗以上視察することによって見えてきたナレッジをお届けするというコンセプトで、まだまだ今後もレポを発行予定です。

 

有料情報サービスについて資料請求

有料情報サービス資料にご興味がおありの方は以下のフォームからお申し込みくださいませ。

ホール名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所(必須)

▼サービス詳細とお申し込みはコチラから

 

P-media Japan ※PMJの記事は基本リンクフリーです

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。