【パチンコ+香り放出機能】の新台が保通協へ持ち込まれるも不適合/芳香性能の低下ほか要因

2017年9月13日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 【パチンコ+香り放出機能】の新台が保通協へ持ち込まれるも不適合/芳香性能の低下ほか要因
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

続いて保通協の型式試験等の統計資料からです。

定点観測データは既にお届け済みですが、気になる不適合事例がありました。

【パチンコ+香り放出機能】の新台が持ち込まれたようです。

以下からご確認くださいませ。

 

 

保通協資料より不適合事例

 

ぱちんこ部門の不適合事例から上記キャプチャです。

「遊技機前面の構造物から香りを放出する機能を有する」

という文面の通り【パチンコ+香り放出機能】の新台が持ち込まれたことが分かりました。

 

しかしながら結果はNG。不適合になっております。理由としては

「香りの元となる材料は芳香性能が低下するので耐久性がない」

「部品の材質が温度or湿度の通常の変化により性質するものだった」

という二点が挙げられております。

 

バイブやフラッシュ的に「香り」という事だったのでしょうか。

ん?この香りは自分の台なのか?隣なのか?なんていう楽しみもあったのでしょうか?

結果は不適合だったのですが、チャレンジングな取り組みですね。

 

逆に考えると「芳香性能が劣化しない」「部品に耐久性がある」のであれば適合したというパターンです。

もしかしたら近いうちにお目見えするのかもしれません。

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: