マルハン平成29年3月期の決算は2期連続の減収減益に/11期前と比較すると収益性は高まる

2017年6月6日
Share on Facebook
はてなブックマーク - マルハン平成29年3月期の決算は2期連続の減収減益に/11期前と比較すると収益性は高まる
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

続いてマルハンさん、決算発表についてです。

平成29年3月期の決算が出ていまいりました。残念ながら減収減益ですね。

売上高約1兆6788億円、営業利益は約353億円という数値になりました。

以下からご確認くださいませ。

 

 

マルハン社 平成29年3月期の決算発表

 

平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

売上高:1,678,820(百万円)
営業利益:35,327(百万円)
経常利益:37,376(百万円)
当期純利益:19,931(百万円)

売上高:▲11.6%
営業利益:▲11.1%
経常利益:▲7.8%
当期純利益:+14.6%

 

マルハンさん、決算発表です。上記の通り減収減益という結果になりました。

2期前は減収ながらも増益。1期前は減収減益。そして今回も減収減益という流れです。

売上の規模的には11期前の18年3月期の連結業績とほぼ同等。

その際の営業利益が274億円ですので、収益性は確実に増しているという見方もできるでしょう。

当時とは単価も機械も、諸々の環境が違いますが、利益を残せる=企業力ですね。

 

 

参考 平成18年の決算について

 

各年度の決算は http://www.maruhan.co.jp./corporate/ir_document.html からもご確認下さいませ。

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: ,