【公式発表出ました】宮城県タイガーグループ 営業権を株式会社ダイエーに譲渡/ホール統合の動き進む


続いてホール運営企業ダイエーさんの話題です。

タイガーグループの営業権獲得については既報の通り。

この度公式サイトでも発表されましたの記事追加です。

以下からご確認くださいませ。

 

 

ダイエー社 公式サイトで発表

 

▼宮城県を地盤とする仙台観光株式会社のパチンコ事業(全10店舗)を承継いたしました

 

2016年9月1日

株式会社ダイエーは、9月1日に宮城県を地盤とする仙台観光株式会社様
のパチンコ事業(全10店舗)を承継させていただく事となりました。
これにより、ダイエーグループのパチンコホールは全34店舗となりました。

今後もお客様に一番近い存在になれるよう、
グループ一丸となって取り組み、更なる事業成長を図ってまいります。
今後ともダイエーグループをどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2016年9月より仙台観光株式会社のパチンコ事業(全10店舗)を承継。

「承継」という言葉を選んでいる辺りが面白いですね。

これでダイエー社は合計34店舗になります。

 

今後の5年くらいはホールMAがさらに進んでいくでしょう。

パチンコ業界の市場規模は残念ながらシュリンクしてでしょうが、

成長を目指すホール企業にとってはMAは現在必ず考えなければならない事柄。

単純に案件の情報獲得や交渉もそうですが、企業文化が違いますのでMA後の運営能力も必要になってきますね。

 

 

 

以下は先日のコンテンツ

続いて宮城県のパチンコホールの話題です。

お馴染みタイガーさんが福島ダイエーさんに営業権を譲渡、との事。

2016年9月頃の見込みという報道も確認できております。

以下からご確認くださいませ。

 

 

タイガーグループ、営業権を株式会社ダイエーに譲渡

 

<パチンコタイガー>ダイエーへ9月にも譲渡

宮城県内でパチンコ店「タイガー」を展開する仙台観光(仙台市)が、福島県を中心に出店するダイエー(東京)に遊技場経営の営業権を譲渡することが28日分かった。譲渡は9月ごろの見込み。
東京商工リサーチ東北支社などによると、仙台観光は仙台市や名取市などで9店を経営。ピークの2004年12月期は986億円の売り上げがあったが、客離れなどで15年12月期は250億円に減少していた。収益性が低い遊技場経営を切り離し、不動産賃貸業のみに専念するとみられる。
ダイエーは福島や山形、埼玉など8県に24店を展開。14年3月期の売り上げは910億円。

 

宮城県内でパチンコ店「タイガー」を展開する仙台観光(仙台市)が、福島県を中心に出店するダイエー(東京)に遊技場経営の営業権を譲渡

譲渡は9月ごろの見込み。

収益性が低い遊技場経営を切り離し、不動産賃貸業のみに専念

 

リンク:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160629_12036.html

 

 

宮城県のホールといえばタイガー、間違いなく上位に来る法人の一つです。

※タイガーグループ(仙台観光)http://www.p-tiger.co.jp/

 

「収益性の低い遊技場経営を切り離し」というコメントが現在のホール事情を表しておりますね。

まだまだホール統合は続いて行くと考えますが、やはり有名法人が出てくると驚きます。

 

 

一方営業権の譲渡を受ける側のダイエー社。

※株式会社ダイエー http://www.p-daiei.com/

 

勿論「いくらで買ったか」次第になりますが、一気に9店舗を増やす事になりました。

現在24店舗ですのでこれは大きなインパクトが在るでしょう。

また、宮城県で「展開済」のタイガーグループですので、最初からスケールメリットを出すことも可能。

結論お客様を増やすことができるか?という根源的な問題には向き合わねばなりませんが

ダイエーさんとしては大きなチャンスを得たことになります。

 

宮城県市場、騒がしくなりそうですね。

続報あり次第、また掲載させて頂きます。

 

 

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。