セガサミーホールディングス決算短信は減収増益/パチスロ部門好調

2016年2月12日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - セガサミーホールディングス決算短信は減収増益/パチスロ部門好調
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

おはようございます、本日もよろしくお願いします。

まずは決算短信ニュース、セガサミーホールディングスさんです。

売り上げは微ダウンも「増収」となっております。

以下からご確認くださいませ。

 

 

セガサミーホールディングス決算短信

 

平成28年3月期第3四半期

売上高:245,002(百万円)▲8.5%
営業利益:12,101(百万円)+11.7%
経常利益:12,645(百万円)+17.2%
四半期純利益:6498(百万円)

 

 

続々と決算短信ニュースが出てきております。

メーカーはセガサミーホールディングスさん。減収増益となりました。

保通協についてのコメントも出ていますね。

 

パチスロ遊技機市場において、遊技機の型式試験を執り行う一
般財団法人保安通信協会(略称:保通協)における型式試験方法の運用変更前の基準において適合を受けたタイトルの
稼働が底堅く推移しております

 

内訳ですがパチスロ部門の数値が決算を牽引。

一方パチンコ部門は対比マイナスになっております。

 

パチンコ遊技機におきましては、「ぱちんこCR北斗の拳6」シリーズの最新作となる『ぱちんこCR北斗の拳6 天
翔百裂』や、『ぱちんこCRキャプテンハーロック』等の販売を行い、115千台の販売となりました(前年同期は224千
台の販売)。また、前期以前に販売した遊技機の部材リユースを進める等、原価改善に取り組んでおります。

 

 

詳細はhttp://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/201603_3q_tanshin_j_final.pdfよりご確認下さいませ。

 

 

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: ,