国会/「不正パチンコ台の撤去に関する質問主意書」について質疑応答

2016年2月5日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 国会/「不正パチンコ台の撤去に関する質問主意書」について質疑応答
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

続いてご存知の方も多い内容ですが国会の話題です。

(無料メルマガでも配信済みの内容になっております)

「不正パチンコ台の撤去に関する質問主意書」について。

以下からご確認くださいませ。

 

 

不正パチンコ台の撤去に関する質問主意書」について

 

リンク:http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a190064.htm

 

 

内容は以下となっております。


以下からご確認くださいませ。

 

 

平成 二十八年一月十九日提出
質問 第六四号

不正パチンコ台の撤去に関する質問主意書
提出者 初鹿明博

パチンコ台について、パチンコ関連の業界団体の呼び掛けで設立された組織である「遊技産業健全化推進機構」が警察庁の要請により実施した調査において、全国の百六十一店舗のパチンコ台二百五十八台のうち、全ての台の釘の打ち方が違反状態であった旨の報道がなされています(『朝日新聞』平成二十七年十二月二十五日)。

この調査結果を受けて、警察庁はパチンコ店等の業界に不正パチンコ台の撤去を要請し、その数は数十万台に上るとみられます。

この現状を踏まえて以下、質問します。

一 不正改造をした台を放置しておくことは問題であるものの、直ちに全ての不正パチンコ台を撤去してしまうことは店舗側に与える影響が大きいと考えられるが、いつまでにどのような方法で撤去を行うのか。

二 警察庁は、メーカーの出荷段階でもくぎ曲げが行われている可能性があるとして、メーカーの業界団体である「日本遊技機工業組合」に調査を指示し、その結果、メーカーの出荷時で、検定を通過したものとは異なるパチンコ台があったと報じられているが(『毎日新聞』平成二十七年十二月二十四日)、それは事実か。

三 二が事実であれば、上記のような不正を行った業者に対して制裁措置は課さないのか。

四 このような不正行為を根絶していくためにどのような手段を取っていくのか。

右質問する。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
まとめると下記になりますね。

~ホールについて~
直ちに全ての不正パチンコ台を撤去してしまうことは店舗側に与える影響が大きい
▼とはいえ、いつまでにどのような方法で撤去を行うのか

~メーカーについて~
▼メーカー出荷時で、検定を通過したものとは異なるパチンコ台があったと報道があるがそれは事実か
▼事実ならば「制裁措置」は課さないのか?

~業界全体について~
このような不正行為を根絶していくためにどのような手段を取っていくのか

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
上記質問に対する返答は下記になります。

性能の一部が異なる遊技機が含まれていた可能性があることから
そのような遊技機について回収を進めていくと報告を受けた。
引き続き調査をしていると承知している。

警察庁としてはホール団体に対し「最大限協力」するとともに
対象機種を可及的すみやかに撤去するように要請した所である。

引き続きぱちんこ業界を指導、業界の適正化を推進してまいりたい。



という事で一連の質問、返答についてでした。

すべて把握済みの情報ですので、新しく何か…というものではありませんが

しっかりと認識はしていかなければ成りませんね。

 

 

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: