今年最初の保通協型式試験等状況データ発表/ぱちんこ適合率は48%に

2016年2月4日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 今年最初の保通協型式試験等状況データ発表/ぱちんこ適合率は48%に
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

続いて定点観測データ、保通協発表の型式試験状況です。

2月頭発表ですので「2016年1月度」のデータですね。

今年最初の型式試験状況です。

以下からご確認くださいませ。

 

 

 

保通協データ発表

 

 

2016年1月の型式試験等状況について

 

ぱちんこ部門

受理件数:73件
結果書交付:54件
適合:26件
不適合:28件
みなし不適合:0件

 

回胴部門

受理件数:55件
結果書交付:59件
適合:25件
不適合:34件
みなし不適合:0件

 

低くなっているパチンコ部門の適合率ですが

これは業界人全員が分かっていた「見えていた未来」ですので驚きはありませんね。

ただP適合率48%は予想よりも一回りダウンという認識もあります。

▼過去記事 16年のパチンコ部門、適合率はこの56%が一つの目安になるでしょうか。
http://p-media.info/news/14413

 

やるべきことは「必然的に絞られる」パチンコ部門のリリース機種数。

相対的に精度を高める必要のある「機種選定のクオリティ」

そしてこれまた相対的に増やす必要のある「機種情報アウトプットのボリューム」です。

 

2015年と同様のスタンスで営業を行えば、スペックダウンを加味しないと仮定しても

機種数*情報ボリューム*選定クオリティの「総数」はダウン致します。

そうなれば、ユーザー目線で行くと、単に【パチンコの魅力が無くなる】現象になると考えます。

 

仕事の仕方、仕組みをもう一度見直したい分野ですね。

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: