【ミニコラム】2015年日本全国グランド店舗視察より/今の所の共通事項、雑感、感想など

2015年8月14日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 【ミニコラム】2015年日本全国グランド店舗視察より/今の所の共通事項、雑感、感想など
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ちょっと間が空きましたがミニコラムです。

 

さてワタクシ。

お盆期間という事で毎年恒例

グランドオープン店舗行脚に全国各地をグルングルンしております。

好きでやっているので苦にはならないですが

交通費宿泊費が盆という事もあり、ウン十万…。

ホント、ご勘弁頂きたい時期でございます。

 

 

脱線しました。

 

という事で今夏グランドオープン、まだまだ途中ですが

営業事例の共通事項、ほか注目点についてミニコラムです。

 

勿論、キチンとしたものはクライアント様、コンサルティング先にお届予定であります。

 

 

甘ライト比率に注目

まずは機種構成について。

海物語比率が2014年から一定ラインの傾向が出ていることや

パチスロ定番機種が同じく2014年から全国で同じ傾向が出ているのは

セミナーなどでお伝え済みですが

今夏のグランドオープン事例では甘ライト比率に注目しております。

 

もちろん「規制前」という背景があるので当然なのですが

今後のホール島図におけるアウト最大化かつ利益最大化の最適バランスはなにか?

という点には注目です。

 

▼PS両方、規制を背景としたオルタナティブは何か?

 

 

それからセグメント自体の見直しも

(これまでの【マックス】【ミドル】【海】などなどは今後別な新しいセグメントに分けられる事になるでしょう。そもそもマックス自体が変わりますので。)

当然今後出てくる動きですので、そのあたりも踏まえて視察しております。

 

オルタナティブ要素はPS種別にとらわれる必要もありませんし、

全く違う動きになるのかもしれません。

 

 

 

コンセプトとプロモーションと実際の営業の乖離

 

全国各地を回っていますと、これまで以上に

ホール営業コンセプト化の動きを目の当たりにします。

別な言い方をすると「普通のグランドオープンでは集客できない」でしょうか。

※既存店でも一緒だとは存じますが…。

 

コンセプト化による繁盛店事例は、山ほどあります。

但し、やりっ放しのコンセプト化店舗は厳しい稼働が目立ちます。

 

以前に行ったセミナーでも話したのですが

コンセプト化=顧客の事前イメージがある程度固まるという事でもありますので

そのイメージ、認識、想像を上回るかor下回るかが大事です。

 

▼コンセプトイメージに対する上下のズレ

 

 

ただし上記のケースはボリュームとクオリティの話ですので

テコ入れで何とかなるケースが多いようです。

一方コンセプトイメージに対する左右のズレは修正が必要ですので

すなわち根本の考えをずらす事が求められます。故にまた違う種類の問題と言えるでしょう。

 

▼コンセプトイメージに対する左右のズレ

 

 

いずれにせよ最初のコンセプト設定が大事です。

そしてプロダクトアウトではなくマーケットインがパチンコ業界。

顧客の顔を見たニーズ、ニーズに留まらないウォンツ掘り下げが必須であると考えます。

 

 

 

繁盛店の共通項は「店舗毎のサムシング」

 

視察を行い、分析をして、クライアントに届ける…というのが

私の仕事の一連の流れですが、繁盛店に共通するのはその過程において

「これは伝えなければ」というサムシングがある店舗です。

 

有り体に言えば差別化要素ですし、穿った見方をすれば無味無臭の店舗の限界でしょうか。

 

いずれにしても、繁盛店は「こんな事やっているんだ」という

何かしらの「サムシング」がある傾向が非常に高いです。

 

概念としては1店舗として同じ店舗はありませんので

至極当たり前のことといえばそうなのですが、それでもパチンコホール業界は

金太郎飴的な要素の強い業界。

主たる商品、サービスたる「機械」が一緒なので、それは宿命とも言えるでしょう。

 

ただ、この傾向、最近変化がでてきている、という事であります。

 

これを「サムシング」と表現しましたが、店舗毎の特徴、サムシングこそが

今後のヒント・取っ掛かりになってくるのではないでしょうか。

 

 

 

集客のフローに変化を

 

まだまだ、まだまだあるのですが

そろそろ仕事の時間ですので最後に「集客フローの変化」について。

 

今夏のグランドオープン店舗の特徴としては

CMを打って、チラシとポスティングを撒いて、ロードサイド広告を実施してという

「これまでのお馴染み集客フロー」に変化が出てきている事です。

 

インバウンドマーケティングと言うこともできるでしょうか。

※海外じゃない方のインバウンドです。

 

マーケティングでも宣伝でも広告でも、強豪店舗とがっぷり四つで同じことをしても

効果が出ないという事でしょうし

パチンコ業界においても、新しい集客フローを考えなければ当然ダメだよという事でしょう。

 

他業界でも、イージーにテレビCM打って商品が売れる時代ではない昨今。

当たり前と言えば当たり前の事かもしれません。

 

 

 

 

という事でミニコラムでした。

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。