【別スペックも通過確認】CR貞子3Dが検定通過/リングの流れを組むホラーパチンコ 高尾からリリース

2015年4月7日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 【別スペックも通過確認】CR貞子3Dが検定通過/リングの流れを組むホラーパチンコ 高尾からリリース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

続いて高尾さん新機種パチンコ「貞子3D」についてです。

この度「別スペック」の検定通過が確認となりましたので

先日の記事にコンテンツ追加でお届けです。

以下からご確認くださいませ。

 

 

貞子3Dの別スペックが検定通過

 

型式名:CR貞子3D WAA
メーカー:高尾

 

今回確認できたのは「WAA」スペック。

以前は「WXA」スペックとなっております。

 

 

 

以下は先日のコンテンツ

展示会も開催され、実機も皆様確認済みとは思いますが

試打動画が出てきましたので先日の記事にコンテンツ追加。

以下からご確認くださいませ。

 

 

 

試打動画1

 

 

試打動画2

 

手の役物演出から大当たりまで確認することが出来ます。

 

 

 

以下は先日のコンテンツ

おはようございます、本日もよろしくお願いします。

まずは検定通過ニュースです。

既に展示会も始まっていますが「貞子3D」が検定通過確認となりました。

以下からご確認くださいませ。

 

 

貞子3D検定通過

 

型式名:CR貞子3DWXA
メーカー:高尾

 

 

という事で貞子3Dが検定通過確認です。

藤商事さんでお馴染みのリング路線ですが、今回の「貞子3D」もパチンコ化となりましたね。

ただし今回の貞子3Dは「高尾」さんからリリース。

比較はどうしても「藤商事リング」になりがちですが

ユーザーはメーカーどうのこうの、というより、パチンコそのものを見ますので

まずは面白いか?また打ちたくなるか?という本質的な所に注目です。

 

ちなみに貞子3Dについては以下より。

『貞子3D』(さだこスリーディー)は、2012年5月12日に公開の日本のホラー映画。監督はそれまでのリングシリーズを監督していた中田秀夫や鶴田法男ではなく『高校デビュー』の英勉。脚本も高橋洋ではなく藤岡美暢と英勉の共同脚本となっている。主演は石原さとみ。

 

最大の違いは原作で間接的に登場するにすぎない山村貞子を、旧映画シリーズ同様に殺人モンスターとして登場させており、ジャンルとしては旧映画シリーズの系譜上にある作品となっている。

 

続報あり次第、又掲載させていただきます。

 

 

プロモーション動画を追加

 

 

試打動画も追加

 

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: ,