今後のパチンコ009は「RE:CYBORG」編から/2013年というリアルタイムな現代が舞台

2014年9月22日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 今後のパチンコ009は「RE:CYBORG」編から/2013年というリアルタイムな現代が舞台
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

おはようございます、週明け月曜日よろしくお願いします。

まずは検定通過ニュースです。

お馴染み「サイボーグ009」シリーズに新機種パチンコが検定通過。

メーカーは勿論ニューギンさんでした。以下からご確認くださいませ。

 

 

009新機種パチンコ検定通過

 

 

型式名:CR009 RE:CYBORG S2R-K
メーカー:ニューギン

 

ということで009シリーズのパチンコ化。

今回は「RE:CYBORG」版でのリリースになるようです。

 

※RE:CYBORGについて(Wikipediaより)

『009 RE:CYBORG』(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)は、2012年10月27日に公開された日本のアニメーション映画。

『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の神山健治監督による3DCG映画。3D・2D同時公開。
石ノ森章太郎原作『サイボーグ009』とは登場人物などを同じくしているが、2013年というリアルタイムな現代を舞台に新たなシナリオで描かれる[1]。タイトルのREにはリスタートの意味が込められ、本作を出発点に新たなシリーズ展開が考えられていた[2]。

 

公式リンクは→http://009.ph9.jp/より

 

 

動画はこちら

 

 

続報あり次第また掲載させていただきます。

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。






Tags: ,