CRモンハン/緋弾のアリアほかリリース開始 モンハン50台導入事例も


週も変わって新機種リリースが始まりました。

今週はモンスターハンターや緋弾のアリアほか話題機種が出てきます。と言う事で定点観測データから。まずはパチンコ新機種の店舗シェアグラフを以下からご確認くださいませ。

 

店舗シェアグラフ@パチンコ

 

※まずはモンハンが中規模レベルで一番の数値を出しています。

 

 

まずはモンハン一歩リード

モンスターハンターが一歩リードという形。

緋弾のアリアはミドルとライトの2種類が同時リリースですが、スペックによる差異は殆どなし。同レベルでの導入となりました。

(勿論台数は開きがあるとは思います)

 

先日リリース開始の北斗もそうですし、ギアスもそうですが「ライトミドルスペックの大型版権」がありますので、ライトミドルコーナーの育成というホール思惑も加味する必要があるでしょう。

 

 

各機種の店舗シェアレベル

ぱちんこCRモンスターハンター(サミー):中規模
CR緋弾のアリアFPL(藤商事):少ない
CR緋弾のアリアFPS(藤商事):少ない
CRフィーバー海猿(SANKYO):少ない

 

 

大型導入事例について

ビッグアップル秋葉原は緋弾のアリア38台導入。スペックはミドル。

緋弾のアリアはコスプレイベントを開催など、この辺りは秋葉原エリアならではですね。

 

※エスパス秋葉原さんもアリアは17台導入と大型台数でした。

 

 

コスプレイベントも開催

 

 

低玉へのテコ入れ実施店舗も

それから大型店舗といえばパラッツォさん。

パラッツォ鳩ヶ谷はモンスターハンターを50台導入というかなり強め台数となりました。

 

また大きな特徴として1パチにも17台導入と、低玉へのテコ入れを同時に実施しています。

これをやられると競合としては非常に苦しいですが、版権のボリュームがある機種は低玉の相性も良いので若年ユーザー中心に動きがあるかもしれません。(その他緋弾のアリアも46台と大型入替でした)

 

 

P-emdia Japan ※PMJの記事は基本リンクフリーです

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。