マルハン千葉みなとがグランドオープン後、初の新台入替


該当エリアの競合店さまにとっては笑い事じゃないんですが、
そうはいっても全国的な注目店舗、マルハン千葉みなとについてです。

ということで同店はグランドオープン後初の新台入替を実施。

「どんな動きでまずは来たのかな?」という大体の動きを把握、以下からご確認ください。

 

©2011 Copyright Maruhan Corporation. All rights reserved.

 

 

 

▼マルハン千葉みなと新台入替

CRタイガーマスク2:32台導入
CR忍魂:13台導入
CRサイバーブルー:11台導入
CR神音の森:7台導入
CRスキージャンプ・ペア2:7台導入
CR米米CLUB:6台導入
CRアクエリオン甘デジ:4台導入
CRアカギ2神域:4台導入
CR桃太郎侍怒:2台導入
 

スロ攻殻機動隊:15台導入
スロ大工の源さん:6台導入
スロゴルゴ13:6台導入
スロケータイ少女:2台導入

 

コメント

特徴としては、「ほぼすべての機種をキッチリ入れてきた」という点です。

これが稼働するだろう、これは稼働しないだろう、という機種評価もとうぜん有るでしょうが
まずは「全部入れてしまう」という判断はパワープレイとして正しいと思います。

また台数が多い、という事が同店の強みの一つ。
ということはほぼイコールで機種数が多いという強みもでてきます。

この強みを伸ばしてくる事もマーケティングのフレームワーク的にただしい戦略でしょう。

 

それから「いわゆる新台」枠のみでなく、甘デジにも新台の一定供給を行なっていることも特徴です。
パチンコユーザーは現在細分化されており、同じ敷地にいながらも、スペックによっては
違う顧客層として扱う必要
があります。その点有効な意思決定ではないでしょうか。

 

ちなみにパチンコは86台導入、スロットは29台導入の模様。

パチンコの新台投入率は12.19%、スロットは7.03%となりました。
もちろんこのペース(台数)でいくわけはないのですが、このままいくと仮定すると
月に2回換算でパチンコ新台回転率は2.92回。スロットは1.68回になっていく予想。

(リリース機種や入替回数によりますので、本当あくまで現段階のとりあえず数値ですよ)

 

結論、まずはブルな入替えを行って来ましたね、というところです。

 

 

P-media Japan ※PMJの記事は基本リンクフリーです

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。