パチンコ営業マンとルーブル美術館とニンテンドー3DSと音声ガイド

2014年4月30日
Facebook にシェア
はてなブックマーク - パチンコ営業マンとルーブル美術館とニンテンドー3DSと音声ガイド
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

最近の機種って本当に複雑ですよね。

と出だしからオッサンみたいな発言ですいません。

こういった「単なる現状否定」が出だしたら人間おしまいなのですが

今回は意図あっての事ですのでご容赦ください。

 

※そもそも「複雑さ=進化」でもあります。

 

 

 

で、さておき。

みなさま営業マンからの機種説明は毎回受けているかと存じます。

新台の展示会で体験するアレです。

あの体験を一人ひとりのお客様にサービスできたらな…と考えているのは私一人ではないはず。

億レベルで開発された機種、やっぱり「売り」や「見どころ」は確り伝えたいのが人情ですよね。

 

けれども、人件費や客数を考えると実際の所「非常に難しい」

いわゆる机上の空論/絵に描いた餅です。

 

 

閑話休題

ところが1万人でも2万人でも、この説明をキッチリ行う事例があります。

勿論パチンコ業界ではありません。

結論から言うと美術業界です。

大英博物館が日本に来た時に私も体験したのですが、耳につけるアレですアレ。

音声ガイドと呼ばれている奴です。

 

※画像はルーブル美術館でガイドとして使用されているニンテンドー3DS

 

これ、できないですかね!

 

例えば任意で

▼プレー中の顧客は音声ガイドを聞くことが出来る
▼機種ごとの特性や見どころがわかる
▼勿論店舗からのインフォメーションや特典も聞ける

なんて未来は、そう遠くないと思うのですが、如何でしょうか。

てなやや妄想レベルの記事からスタートする連休中日でした。

 

それでは今日も一日張り切って参りましょう!

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。