貯玉相互乗り入れサービスについて/サービス訴求スタイル/販促事例/店舗側の狙いほか

2015年4月21日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 貯玉相互乗り入れサービスについて/サービス訴求スタイル/販促事例/店舗側の狙いほか
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

PMJ有料会員サービスを配信しました。


今回のコンテンツは4月より一部店舗でスタートした
「貯玉相互乗り入れサービス」についてです。

 

添付ファイルでは
▼関東エリアで実際にサービスを開始している店舗A
▼都内エリアで実際にサービスを開始している店舗B

の2店舗事例を具体的にピックアップ。

 

店舗のサービス訴求スタイルや販促事例、店舗側の狙い、
工夫したコピー、ビジュアルなどを紹介
しております。

またサービス実施に際して、今回の調査による考察もコンテンツに含めました。

 

考察1:シチュエーションの設定について

(本分より抜粋)

貯玉相互乗り入れサービスの実施においては【シチュエーション】を店舗毎に設定する必要。
単純に低貸ユーザーが貯玉を貯めて、4円パチンコ(20スロ)を【わらしべ長者的にプレー】するという状況は
誰もが想像できるシチュエーションである。
しかし遊技機のスペックや種別が多様化している現在、もう1段階細分化したシチュエーション設定が必要だろう。

(抜粋終り)

 

続きは有料会員サービスにてご確認下さいませ。
それでは今後とも宜しくお願い致します。

 

 

有料会員サービスについて実際のサンプル希望/資料希望の方は

http://pmj.strikingly.com/ よりお願い致します。

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。