4円パチンコ部門を最初から採用せず/セグメント細分化による地域一番部門創出ほか

2014年12月1日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 4円パチンコ部門を最初から採用せず/セグメント細分化による地域一番部門創出ほか
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

PMJ有料会員サービスを配信しました。

早いもので12月。今年も残り僅かです。
ラストスパート、今月もよろしくお願いします!

資料は http://pmj.strikingly.com/ より

 

特徴

▼最初から苦しい4円パチンコは採用しない
▼市場4店舗の内3店舗を同一法人で(屋号は違う)
▼2パチの半数は「北斗の拳6」ボックス導入
▼セグメント細分化による地域一番部門の設定

 

資料は http://pmj.strikingly.com/ より

 

コンテンツ立ち読み

これまでのスタンダードな営業が通じるのは
圧倒的なブランディングを行った場合、
もしくはラテラルなサービス業態変更が達成できたケースのみ。


それでも今事例のように、
全国のアチラコチラでは、
小さな工夫が産まれています。


これからも「全国の事例や工夫」
そしてその「根本の考え方」を伝えていく所存です。

 

 

 

コンテンツ立ち読み2

同一市場に同法人のグランドオープンというスタイルは昨今目立つスタイル。

先日配信したPIA横浜西口はPIA横浜モアーズ店の隣という立地。

また大宮市場の楽園本館/新館も同様である。

廃業後のパチンコホールを他店に進出してほしくない為に…というディフェンシブな要素もあるだろう。

(後略)

 

 

コンテンツ立ち読み3

景気が悪い、人口動態が悪い。
ファン数がダウン傾向である。
シュリンクしている業界である。

などなどネガティブな事は挙げればキリがないのですが
この様な状況下では上記の様な、セグメント細分化や開店事例のパターンなど、ひとつの傾向が出てきそうです

 

資料は http://pmj.strikingly.com/ より

 

 

 

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。