既存店事例 歴史と伝統を商品にしてブランディング化する店舗事例を配信しました

2014年9月24日
Share on Facebook
はてなブックマーク - 既存店事例 歴史と伝統を商品にしてブランディング化する店舗事例を配信しました
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

PMJ有料会員サービスを配信しました。


今回はグランドオープンやリニューアルでもありません。
いわゆる既存店の営業事例です。


良く
「創業**年」や「地域に愛されて**年」というコピーを見かけます。
自社の強みを歴史と伝統に設定したパターンです。

けれど、中々クリティカルな営業事例はありませんでした。


今回の営業事例では

▼創業時、従業員の皆と撮影した白黒写真を展示
▼大昔のネオン写真やお店の写真も展示
▼ひとつの店舗にふたつの店舗ロゴ。その真意は?


などなど、あまり見かけない珍しい施策を取っている店舗事例になりました。

「全国**箇所で営業中!」というアプローチを横軸とするならば
店舗の歴史や伝統という切り口は縦軸の考え方です。
※そしてチェーン店舗ではなくとも着手可能です。


そう考えると、時間軸という考え方はひとつのフレームワークになりそうですね。

 

PMJの公式LINEサービスはじめました


友だち追加


P-media Japan ※PMJの記事はリンクフリーです。