【再掲】2018年PMJ新しい試み 【CR偽物語の先見せ】に参加してまいりました

2018.04.24 9:10

営業事例
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

続いては過去記事の再掲です。

CR偽物語シリーズがリリース週に…という事で2月に掲載した先見せ記事を再掲。

ライトミドルの数値が良いという事ですが、皆様店舗ではいかがでしょうか?

以下からご確認くださいませ。

 

 

 

以下再掲

続いて「新機種パチンコ」「先見せ」についてです。

先日サミーさんにお招き頂き「CR偽物語」の先見せに参加させて頂きました。

(ホール出身ですので)先見せは何度となく経験していますが

「サイトで公開しても良いですか?」「良いですよ」という事でしたので記事掲載。

PMJとしても新しい試みになりました。

以下からご確認くださいませ。

 

 

筐体写真について

 

版権が版権ですので、まずは演出…という事に通常はなるのでしょうが

どうしてもホール目線で考えてしまいます。

今回の発売はミドルとライトミドルの2種類

勿論オーソドックスを狙えば「ミドル」という事になりますが

(勿論販売台数もミドルがライトミドルを上回る事になりますが)

何となく気になったのはライトミドルスペックでした。

 

ちなみにサミーさんいわく

▼2スペック存在 出玉感も備えた299とバランスに優れた199
▼スペックはどちらも分かり易い100%STで登場

 

とのことでした。機械の評価はホールではなくユーザーが行うものですが

「アンチディフィカルトスペック」

「アンチちょっとわかりにくいスペック」

の層は一定数居るのかもしれませんね?というPMJの意見には同意を頂いた気がします。

 

 

CR偽物語 盤面

 

現在全国各地のグランドオープン店舗を視察しておりますが

(1月は2日しか自宅に戻っておりません…死にそうです)

繁盛店舗で良く見かける取り組みは

【メイン機種への注力】は当然ですが【プラスしたサムシング】かと存じます。

 

色々あるのですが、その一つは「ライトミドル」の活用。

特に【シンフォギアの最大化活用】への取り組みです。

 

このCR偽物語で、その最大化をさらに促進出来ないだろうか?というアイデアです。

勿論根底のスペックは違いますし、納期も考える必要があるのですが…。

 

イージーに導入するだけでは成績が上がらない昨今。

何か「狙い」「役目」「コンセプト」を持って機械の導入をしていきたいものです

 

実際にライトミドルに関しては様々な取り組みを行なっているホールが多数確認できました。

 

 

 

 

メガガイア青森中央店でも【シンフォギア=10台導入】を実施。

さらにシンフォギアの最大化「ライトミドル」を注力する施策、機種構成が確認できました。

スペックがライトミドルだから…で安直にできるものでは有りませんが

(かと言って安直に【できない/向かない】とNOを出すものでは無いと思いますが)

根底のスペックこそ違え、199セグメントとしてユーザーが

「試しに打ってみようか」となる可能性はゼロではないのかもしれません。

 

 

アンチディフィカルトについて

 

それからテーマとして考えるべきは

アンチ ディフィカルトSPEC】の存在。

いわゆる一種二種のスペックが結果を出していますが、これは相反であり揺り戻しの側面も。

対極になる【アンチディフィカルトSPEC】の層も認識する必要が在るかもしれません。

そして認識した上で、ホールから訴求しないとニーズは喚起されません。

訴求なきニーズはニーズまで高まらないのは言わずもがな、かと存じます。

 

 

納期について

最後に納期について。納期は4/15との事。詳細は営業マンに。

 

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

LINE@

TWITTER

Facebook

INSTAGRAM

RANKING

PICK UP

SOCIAL