遂にパチンコ化、CRイチロー登場。その後CR長友佑都も

2013.04.01 13:11

遊技台・検定情報
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

さて週の頭からものすごいニュースが入って参りました。日本を代表するアスリート達がパチンコ化されるとの情報です。メジャーで活躍中のイチロー選手とインテルで活躍中の長友佑都さんが、この度パチンコシーンでも大活躍するそうです。

 

 

ヘルメット着用でパチンコ

なお今回のアスリート系パチンコは新枠登場。CRイチローの場合はなんとパチンコにバットが搭載され、ホールの端からボールが飛んできて実際に球を打つ事ができる「リアルバッティングシステム搭載」、当然プレーヤーはヘルメットを被って遊技をすることが徹底され、極希に起きるであろうデッドボール対策に、ホールの協力が必須となってくると思われます。

 

台数縛りの問題も?

また同様にCR長友佑都の場合もリアルシステムを搭載しており、CR長友佑都をプレーするにはフットボールの必要人数となる11名を集めてからとなる。(11名未満のCR長友佑都のプレーは不可能)故にホールの導入最低ロットは11台からとなり、これは台数縛りに当たるのではないか?と今からメーカとホールの間に軋轢が生じていケースも有るようだ。

 

4月1日が過ぎたのでネタばらし、勿論エイプリルフールネタでございます。

 

P-media Japan ※PMJの記事は基本リンクフリーです

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

LINE@

TWITTER

Facebook

RANKING

PICK UP

SOCIAL