保通協10月型式試験「回胴部門の適合件数はさらに倍」「その裏に今年最大の不適合件数」

2018.11.02 10:34

遊技台・検定情報
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

続いて定点観測データ@保通協です。

先月データ「2018年10月の型式試験状況」についてが発表されております。

注目はやはり回胴部門について。特徴的なデータが確認できました。

以下からご確認くださいませ。

 

 

 

保通協定点観測@2018年10月の型式試験データ

 

まずは数値からです。

 

パチンコ部門

受理件数:85件
結果書交付:64件
適合:32件
不適合:30件

みなし不適合:2件

 

回胴部門

受理件数:86件
結果書交付:87件
適合:19件
不適合:68件

上記、まずは数値でした。続いて推移です。

 

 

 

推移について

 

注目は回胴部門になるでしょうか。

7月度の適合件数は4件。8月は5件。9月は倍増したものの10件。

低調で推移していた適合件数ですが、今回は19件と「更に倍」になりました。

 

とはいえ不適合件数も68件

これは今年最も高い不適合件数になっております。累々と…という状況でしょうか。

※回胴部門の適合率は21.8%です。

 

6号機問題は様々。現状把握として保通協データは大事ですね。

 

 

 

過去配信、参考記事について

保通協9月の定点観測データ出ました/パチンコ・パチスロともに回復傾向/S適合件数は2倍に

 

保通協定点観測データ/8月度のパチスロ適合率は更に悪化「11.9%」に

 

保通協型式試験データ@7月出ました「6号機」回胴部門の適合数は一桁に

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

LINE@

TWITTER

Facebook

RANKING

PICK UP

SOCIAL